モニター調査委の内容に関する基礎知識

様々な業種や店舗において、その店舗の評判や接客、その他品質調査を目的にしたリサーチを行うケースが多くあります。あるいはインターネットを利用したアンケートや郵送を使った調査が行われる場合も含んでリサーチと見なす場合もあります。こうしたリサーチを一般の第3者に依頼し、調査を行ってもらう業務が存在します。こうした業務をモニター調査と呼び、その調査を行う人のことをモニター調査委と表現することがあります。副業の1種に位置付けがされることもあるモニター調査委は、業者側の応募に対して参加を希望するケースと、調査を担当する業者側からランダムに参加候補者として選ばれる両方の形式があり、いずれの場合も最終的に参加者側の承諾によって、アンケートに回答したりリサーチ先に派遣されたりする流れとなっています。リサーチ先に出向いて調査を行う場合、一般的に対象となる派遣先にリサーチであることは伝えない、いわゆる覆面調査として行うケースが多く、出来る限り一般的な行動や対応による調査を行うことになります。そして1通りのサービス対応を受けたら、そのサービスへの評価や感想を記入した用紙と、リサーチ先に出向いた証明書となる受け取った領収書の写真と共に、後日モニター調査の開催を担当した業者に提出します。そして提出した評価が承認されれば、報酬を受け取ることが可能となります。こうしたモニター調査委によって提出されたレポートは、後々その調査対象となった相手への業務内容改善に使われることが主な目的とされています。